Amazonで評価がもらえない?【Amazon評価の重要性】

シェアはこちらからどうぞ


Amazonで評価がもらえない?【Amazon評価の重要性】


こんにちは。

あまざけです。

スポンサーリンク

北海道は暴風大雨警戒の今日この頃です。

こんな中でも子供達は傘をさして学校に行きました。

私はと言うと…

買い物に出かけるのも渋っている状態です(笑)

話はかなりそれましたが…

今回は

Amazon評価についてです

Amazonでの販売をしたことが無い人は

評価が「0」の状態からスタートとなります。

アマゾンの評価はもちろん購入者様からとなります。

実際にamazonで商品を販売している方なら分かると思いますが

マケプレの購入者さん、中々評価してくれないですよね?

ヤフオクのように毎回、購入者様が評価してくださるということがなく

マケプレで出品をし始めてから評価を中々くれない事に驚きました。

今までの感じからすると

だいたい20件に1件あればいいかなと。

マケプレはヤフオクと違って

実際の商品画像を掲載する事が出来ないので

購入者は商品説明のコメントと

評価及び評価数を元に商品購入先を判断することになります。

なのでマケプレの評価率及び評価数は非常に重要となります。


◆本文に行く前にポチッと押していただけると記事の作成意欲が湧きます◆

人気ブログランキングへ

Amazon評価

Amazon評価があれば、それだけ

商品を売っているお店なんだ!!と

安心して商品を購入してもらえる。

もし同じ値段、同じコンディションの商品を
購入されるとしたら

新規出品者と評価の高い出品者

どちらから購入されますか?

ほとんどの方は

評価の高い出品者さんから

購入すると思います。

それは、やっぱり

たくさん商品を商品を売っている分

安心感がある。

つまり、

同じ値段、同じコンディションの商品であれば

そこから優劣を決めるのは

やっぱりAmazonの評価です。

商品によっては数円~数千円の値段の違いがあっても

評価されている出品者から先に売れていくこともあります。

そういったことからも

やはり

Amazonの評価は非常に重要です。

ちなみにAmazonは

評価を%で表しており、

100%に近いほど、良いということになります。

評価をもらっても内容や点数が良かったらいいですが、

低い評価やクレーム的な評価

貰ってしまうと、

これも、売り上げに影響します。

たとえ、評価の件数が多くても、

評価が低いと意味がありません。

スポンサーリンク


Amazonで良い評価をもらうポイント

1.商品も状態を明確にする。

『商品説明と実際の商品が違う!!』

これが一番のトラブルになるケースが多いと思います。

商品のキズやヤケなど傷みがある場合は必ず明記します。

また付属品がある場合はその有無を明記しましょう。

2.梱包に気を使う

キズが付きやすいCDやDVDや商品代金が高い商品等は

エアキャップで厳重に梱包した方がよいでしょう。

梱包の際は納品書を同封するのを忘れないようにして下さい。

納品書の同封は義務付けられていますし

納品書がないだけで悪い評価が付けられる場合もあるようです。

3.迅速な発送

発送は早ければ早いほど良いです。

出来れば注文日当日、遅くとも翌日までには

商品を発送したいところですね。

4.発送完了メールを送る

メール便やゆうパックで発送した場合は

追跡番号と大体で構わないので到着目安の日時を伝えといいと思います。

※主に自己発送の際のポイントになります。

FBAを利用されている方は省略してください。


Amazon評価を増やす

少しでも早く評価を増やしたい方は

購入者様に直接評価メールの依頼をすることをオススメします。

商品は無事到着しておりますでしょうか?
万が一不良品の場合はメール、電話にてご連絡下さい。

商品が到着している様でしたら、「評価」にて構いませんので、
無事到着のご連絡を頂けると、幸いです。

…みたいな感じで

基本的には、普通に

販売していれば、評価は増えてきますし、

高評価をいただけます。

なので、焦らずに

誠心誠意やっていきましょう。

出品方法はどうする??

せどり FBA?自己発送?【送料を節約して利益を伸ばそう】

こちらも合わせてお読みください。

Amazonで評価をもらえない?【Amazon評価の重要性】を最後まで

お読みいただきありがとうございました。


スポンサーリンク

◆ブログランキングへ参加中です。よろしければポチッとお願いします。◆
↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

シェアはこちらからどうぞ

フォローはこちらからどうぞ