輸入する際どこのAmazonをターゲットにするか?

シェアはこちらからどうぞ

こんにちは。

北海道産さけとばです。

突然ですがこの画面を見てください。

Amazon~Amazonで輸入転売する時に
どこから仕入れるかがとても重要になります。

上記画面の下部を注目してください。

この画像はKeepaの画像なのですが
Keepaではいま4億以上の商品をウオッチしているようです。

内訳は

アメリカが 1億9千万商品

日本が 5千万商品

勿論Keepaでウオッチしない
そのような商品もあると思いますが
単純にアメリカは日本の約4倍の市場規模があります。

スポンサーリンク

これを考えると欧米との取引が
いかに重要になるかが分かります。

では違う国も見てみましょう。

日本の次に規模が大きい順に

ドイツ 3千9百万商品

イギリス 3千4百万商品

イタリア 2千商品

フランス 2千商品

スペイン 1千7百万商品

カナダ 1千4百万商品

中国 6百万商品

インド 5百万商品

メキシコ 5百万商品

ブラジル 50万商品

この様な感じです。

この中で欧州に属するのが
※イギリスは微妙ですが近いので計算に入れます

ドイツ、イギリス、イタリア
フランス、スペイン の5か国

この5か国の市場規模を合わせると
1億3千万商品と

アメリカの
1億9千万商品に迫る勢いです。

単体の国では小さな規模ですが
大きなくくりで見てみると
ビジネスチャンスが出てきます。

Amazonは無いですが
欧州にはまだまだ沢山の国があります。

その国を合わせると
アメリカの規模に近づいていきます。

しかも、アメリカも欧州も英語が使用できます。

その様に考えると参入の壁は低いのだけども
参入セラーは少ないのでチャンスはあると思います。

輸入を学ぶのであれば欧米輸入が基本中の基本です。

しかし、その後の展開を考える事は必要です。

ヨーロッパ輸入はその展開の中に入れる事が可能だと思います。

アメブロの方でも記事更新中です。

あまり攻めた記事を書くと記事削除され、
非表示になってる記事もありますが
お時間がある方見てくださればと思います。

https://ameblo.jp/sakedabe/

スポンサーリンク

◆ブログランキングへ参加中です。よろしければポチッとお願いします。◆
↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

シェアはこちらからどうぞ

フォローはこちらからどうぞ