課税売上高を1000万円以下に抑える葛藤@DAY51欧米輸入生活!

シェアはこちらからどうぞ

こんにちは。

北海道産さけとばです。

今、私が運営しているコンサルは

毎月コンスタントに10万円を稼ぐ!

という事を目標に指導させていただいております。

欧米輸入転売において

月の利益10万円を生み出す。

10万円を稼ぐと言いますと大きな壁に聞こえますが

慣れてしまって利益に貪欲に行動すると

意外と簡単に稼ぎだせる額です。

しかし、ガンガン仕入れを行なって

月の利益が15万円、20万円と増えていくと

次に考えなければいけない事は

課税売上高1000万円の壁です。

課税売上高。なにそれ?美味いの?

って方もいると思いますので少し補足。

物販に限らず事業で発生した収入(税抜き)で

商品販売時の売上

コンサルティングの業務

アドセンス収入

アフィリ報酬

などは課税売上高にあたります。

その課税売上高が1000万円以上になると

発生するのが「消費税」です。

計算方法は簡易課税などの方法で求めるのですが

実は私ここら辺の計算は

税理士におまかせしてますので

詳しくはググってください。

一つハッキリしているのは

課税売上高が1000万円を超えると消費税がかかる。

という事です。

では1000万円以下に抑えればいいんじゃない?

と考えると思うのですが、

年間900万円を物販で売上げたとします。

で、利益率は20%でした。

そうなると利益は180万円となります。

上記の場合1000万円以下なので消費税は免除。

次に年間1100万円を売上げたとします。

利益率は同じく20%。

利益は220万円となります。

上記の場合、通常の税金+消費税が課税されます。

人の人情的には

利益は1円でも手元に残したいと思うはずです。

その様な方は1000万円を超える売上は上げるべきではありません。

1000万円を超えそうな方は然るべき時に

課税売上高の計算を行い調整が必要です。

利益率が低ければ低い程

消費税の負担割合が高くなるので

利益率の上昇を考えるのも手です。

利益率が高い商材を選定するのも重要になります。

Twitterなどでウェイウェイしている方の様に

税金を顧みず贅沢な事をしていると

確実に痛い目にあいます。

是非、消費税も視野に入れて

商品が売れる事に一喜一憂するのではなく

その後に付いてくる税金も頭に入れて物販を行なってくださいね。

そういえば、
アメブロの方でも毎日記事更新中です。

あまり攻めた記事を書くと記事削除され、
非表示になってる記事もありますが
お時間がある方見てくださればと思います。

https://ameblo.jp/sakedabe/

スポンサーリンク

では、

2ヶ月間欧米輸入生活!現金100万円どこまで増やせるの!?

 

第51日目 2月3日、収支を発表します。

ルールなどはこちら 概要 ルール

仕入れ額     0円

見込み利益率   0%

見込み利益率   0円

予定通り作業無しでした。

娘のテニスの試合に付き合い、朝から晩まで

ずっと体育館に拘束されてました(笑)

しかし、スポーツは良いですね。

皆んなが上手くなろう超努力しています。

副業もあれくらい貪欲に学んで行動し

正しい道さえ歩めば100%成功するのになー

とか考えながら観戦してました。

人が物を買う理由の一つに

人より優位に立ちたいと言う願望があります。

スポーツは基本的に自分以外はライバルです。

ライバルより優位に立つために

道具を工夫したり、指導を受けたりします。

そういう所にも商機は眠ってますよね。

ちょっと商品開発のネタができたと思いました。

欧米輸入結果
信じるか信じないかはあなた次第です。

スポンサーリンク

◆ブログランキングへ参加中です。よろしければポチッとお願いします。◆
↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

シェアはこちらからどうぞ

フォローはこちらからどうぞ