2商品のモノレートの見方で初心者脱出!使い方をマスター②

シェアはこちらからどうぞ


2商品のモノレートの見方で初心者脱出!使い方をマスター②


こんにちは。

北海道産さけとばです。

前回

2商品のモノレートの見方で初心者脱出!使い方をマスター①

で基本的なモノレートの解析をしました。

今回は2商品目

スポンサーリンク

ちょっとイレギュラーなモノレートの見方

及び

裏技的な組み合わせ手法をお伝えしようと思います。

モノレートの使い方については場数を踏むことがとっても重要です。

暇があれば自分の家にあるバーコードをスキャンする、

そんな事をしてみても良いかもしれませんね。


◆本文に行く前にポチッと押していただけると記事の作成意欲が湧きます◆

人気ブログランキングへ

モノレートとKeepaの見方をマスターしよう!

モノレートはわかりますよね。

さんざん話してきました(笑)

Keepaってなんぞや??

初めて聞く方も多いはず。

簡単に説明すると

「Amazonの在庫が一目で見れるクローム拡張機能」です。

他にも沢山機能がありますが今回は上記の機能を使います。

設定はいたってシンプル

拡張機能なのでクロームに追加するだけで即反映します。

↓↓↓一応リンクです。

keepa

Keepaは後程登場するのでおいといて・・・・

今回の解析する商品のモノレートを見てみましょう。(2016年1月29日現在)

rozi1

rozi2

どうです?

売れる?売れない??

まずは私は売れると判断しますね。

前回

1、価格の安定性

2、ランキングの変動

を説明したのですが、

このグラフを見てみると気になる点もあります。

気づいた人はもう初級を卒業です。

ここです。

rozi3

ここの赤枠の中。

一気に1,200円も値段が上がってるんですよ。

これを見たら

価格の安定性無いジャン!

と思いますよね。

私も昔は悩んだかもしれません。

が!

ここで登場するのがKeepeと言う拡張機能です。

インストールするとAmazon商品ページにこんなグラフが表示れるようになります。

rozi4

このグラフの肌色部分がAmazon在庫有りで値段の推移となります。

このグラフを見る限りAmazonがこの3か月在庫も切れず販売しているのが分かりますね。

そして注目すべき点はココ

rozi5

赤枠内を注目してほしいのですが、

「Amazonが値段を釣り上げている」

事が分かりますね。

と言う事は

「アマゾンを追随して他の出品者も値上げしなおかつ価格競争してる」

と言う事です。

どうですか?

モノレートの見方も他のツールを使用するとまた違った判断基準となります。

今回は値上げのパターンで説明しましたが、

値下げの場合も同じ見方で問題ないと思います。

ツールとツールを組み合わせて使用する。

まだまだいろいろな組み合わせがあります。

追及してみてはいかがでしょうか??

そうそう、

先日定員の10名に達し応募締切した無料サポート

「ネットの絆」

ですが、

「熱い人は追加で入会できます!」

的なことを書いたら数名の熱い方が。

あなたの熱い気持ち私達夫婦へぶつけて是非入会してください。

お待ちしております!

確定申告の準備はできていますか??

期限もあと少し。

少しづつ進めていきましょうね!

せどりの確定申告【無料レポート第2弾完成】

2商品のモノレートの見方で初心者脱出!使い方をマスター②

を最後までお読みいただきありがとうございました。


スポンサーリンク

◆ブログランキングへ参加中です。よろしければポチッとお願いします。◆
↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

シェアはこちらからどうぞ

フォローはこちらからどうぞ