Amazon自己発送 代金引換注文で発送

シェアはこちらからどうぞ


Amazon自己発送 代金引換注文で発送


こんばんは。

あまざけです。

Amazonを利用する方法としては自己出品とFBA出品がありますよね?

私たち夫婦は自己出品とFBAを使い分けているのですが…

スポンサーリンク

FBA発送の商品を

代引きで購入されるお客さんは一定数いるようで、

販売者層を広げることができるよな…。

と、

Amazonマーケットプレイス・自己発送で商品登録をする時に、

代引きのチェックを外し忘れてたわけでもなく

特に何も考えず自己出品で代金引換を可能にしていました。

そして先日!!!

自己出品していた商品が購入されたのですが、

それがなんと代金引換で購入されたのです。

商品が売れた喜びよりも不安が訪れましたΣ(゚д゚lll)

 『 代金引換発送…

  どうやって送るのさ… 』

アマゾンでは、

FBA発送の商品に代引き設定しても

決済までamazonがやってくれるので

こちらは何の労力もかかりませんが、

自己配送の商品を代引き設定するということは

自力で代引発送することに同意したことになります。

受取人は配達してくれた人にお金を支払えばいいだけですが、

◆本文に行く前にポチッと押していただけると記事の作成意欲が湧きます◆

人気ブログランキングへ

送る側はどーやって手続きしたらいいの?

そこで調べてみたところ、佐川急便やヤマト運輸は

審査してからでないと代金引換ができないそうで契約には数日かかるみたいです。

それに法人か個人事業主しか無理みたいですね。

そして、

郵便局を調べてみると郵便局は特に審査等もなくその日に手続きしてもらえるみたいで、

簡単に代引きでも送ることが可能です。

ただ、ここにも大きな問題が出てきます

回収した代金を受け取る方法は2種類あるのですが

それぞれに手数料がかかります。

送金方法

通常払込み

・最も安い送金方法は、通常払込みです。

ご利用になる場合は、0から始まる振替口座を開設する必要があります。

電信払込み

・払込先を「総合口座」にする方法です。

払い込まれたお金を通常貯金として扱いますので、利子も付きますし、ATM等で自由に引き出すことができます。

キャプチャ

※手数料が安いのは通常払い込みで、振り込まれる時間が早いのは電信払い込み(手数料は高い)。

スポンサーリンク

アマゾンからお客さんに代引き手数料として326円いただいてますが

実際の代引き手数料は260円です。

得してますが実際に代引き金額を振り込んでもらうのに540円かかります。

これらの手数料だけで800円徴収されます(涙)

回収金額が3万円を超えると印紙代で更に200円

当然、普通に発送する送料かかってしまいます><

どの運送会社でも代引き発送は送料+各種手数料です。

この手数料がやたら高いので、

300円程度におさえるのがなかなか難しい。

振替口座を持つなりして、後納契約を結んで・・・、

と自己配送メインになる覚悟で準備をしないと

赤字になってしまうこともあります。

ゆうパック代金引換ラベル

伝票の書き方は殆ど変わりませんが、伝票が違うので、窓口で貰う場合に気をつけて下さい。

通常払い込み用(振替口座への払い込み)

9

電信払い込み用(オンラインで振替口座または総合口座へ払い込み)

8

全て記載できたら、梱包した商品と一緒に郵便局へ持っていくか、

集荷依頼をかけましょう。

伝票が手元に無い場合は、集荷の際に持ってきて貰う事も出来ますので、

問い合わせてください。

ゆうパックの伝票は7枚の複写式になっていますので、

しっかり力を入れて記載する様にして下さいね。


最後に…

代金引換発送を

通常の配送方法で送ってしまったら代金は回収できません。

ただのボランティアになってしまいますので

ご注意を!!

代引きだと手間かかるので

自己発送出品の際は自己配送の商品を

代引きを可能にしない !!

代金引換のチェックは外しておこうと決めました(笑)

こちらの記事も合わせてお読みください。

↓↓↓↓↓

せどり FBA?自己発送?【送料を節約して利益を伸ばそう】

Amazon自己発送 代金引換注文で発送

最後までお読みいただきありがとうございました。


スポンサーリンク

◆ブログランキングへ参加中です。よろしければポチッとお願いします。◆
↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

シェアはこちらからどうぞ

フォローはこちらからどうぞ