せどりはAmazon出品だけじゃない!ヤフオク出品にもチャレンジしよう

シェアはこちらからどうぞ


せどりはAmazon出品だけじゃない!ヤフオク出品にもチャレンジしよう


こんにちは。

あまざけです。

スポンサーリンク

皆さん、販売経路としてアマゾン以外にもヤフオクは利用していますか?

せどりにおける販売ルートとして『Amazon』が主流ですが、その次に

『ヤフオク』で売る方が多いと思います。


◆本文に行く前にポチッと押していただけると記事の作成意欲が湧きます◆

人気ブログランキングへ

ヤフオクとAmazonの違い

1.オークション方式と固定金額方式

ヤフオクの場合、明らかに相場が低い商品でも、何件か入札があると

値段が上がっていく楽しみがあります。

入札していくうちに「負けたくない」という意識が働くんでしょうね(笑)

ありがたい限りです。

Amazonの場合は、出品した時に設定した金額での取引になります。

なので値段が上がっていく楽しみはありません。

2.手数料の違い

Amazonは出品するカテゴリーによっても異なってしまうけど…

だいたい販売の15%がAmazonへ。

さらにFBAの出荷作業手数料や送料で約20%が引かれたりする場合もあります。

一方ヤフオクは落札金額の5.4%

※出品手数料はどちらも無料ですが落札時の手数料が全然違います。

3.落札代金の受け取り方

ヤフオクは商品が落札されると「取引ナビ」をつかって落札者と

連絡を取り、代金を落札者から直接振り込んでもらえます。

商品が売れた場合、基本的に落札者への連絡や入金確認、発送業務が必要となります。

Amazonは商品が売れた場合、支払い手続きは

アマゾンが代行してくれるので入金確認は不要。

基本的に購入者への連絡も不要。FBAを利用している場合は発送業務も不用。

※ヤフオクはすぐに入金されるので『即金性』があり、

逆にAmazonは2週間サイクルでの入金になります。


一度アマゾンのFBAに慣れてしまうと

ヤフオクの出品、梱包作業や落札者との取引は

どうしても手間がかかり面倒に思えてしまうヤフオク。

ですが

アマゾンでは売れずにヤフオクで高値で売れる商品があります。

基本的にほとんどのセドラーがAmazonマーケットプレイスで

商品を販売しているのでアマゾンで売れないものは

セールの時ですら放置されている事があります。

そんな商品はヤフオクで売るのが一番です。

スポンサーリンク


ヤフオク出品のメリット

・自分独自で色々な売り方が出来る。

Amazonでもセット売りは出来ますが、

ヤフオクの方が「抱き合わせ」、「福袋」など

色々な方法で商品を売る事が出来る。

そのため、

ヤフオクの方が利益が出る出品方法も可能です。

・手数料がAmazonより安い。

Amazonに比べるとヤフオクは手数料が比較的にかからないので

利益を多く獲得する事ができます。

・Amazonの出品に比べるとライバルが少ない。

出品する際の手間が面倒と考え、ほとんどの人が

Amazonの出品の方が多いため「ライバルが少ない」とも言える。

つまり、

ヤフオクで検索すると出品した商品が表示される確率が高くなる。

・Amazonと比べる入金が早い。

Amazonは2週間に1回の入金ですが、ヤフオクは

その日のうちに入金されることもあるので

売り上げ回収が早いと言えます。

ヤフオク出品のデメリット

・出品時に写真を撮る必要がある

商品の状態を見せるという意味で写真を掲載しなければならない。

写真を掲載しなければ売れずらい。

・説明文の記入に手間がかかる。

テンプレートなどを用意しておけばある程度の手間は軽減できますが

1商品1商品に詳しく入力する必要がある。

・落札者とのやり取りに手間がかかる。

基本的にヤフオクはAmazonに比べると手間がかかる。

落札された場合、支払方法や発送方法など色々やりとりしなければならない。


Amazonもヤフオクもそれぞれに特徴があるので

上手に使い分けましょう。

商品を分散させる事でリスクを減らす事も出来ると思います。

Amazon出品についてはこちらから

↓↓↓↓↓↓

初めてのAmazon出品【意外に手軽に出品できる】Part1

はじめてのAmazon出品【意外に手軽に出品できる】Part2

せどりはAmazon出品だけじゃない!ヤフオク出品にもチャレンジしよう

最後までお読みいただきあいがとうございました。


スポンサーリンク

◆ブログランキングへ参加中です。よろしければポチッとお願いします。◆
↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

シェアはこちらからどうぞ

フォローはこちらからどうぞ