Amazonのダンボールの規格【出品編】

シェアはこちらからどうぞ


Amazonのダンボールの規格【出品編】


こんにちは。

北海道産さけとばです。

皆さんAmazonのダンボール好きですか?

スポンサーリンク

私達夫婦は大好きです。

開ける時ドキドキしませんか?

何回見てもかわいいフォルム。

ダンボールにまで意識を働かせているAmazon。。。

素敵です(。・ω・。)。


◆本文に行く前にポチッと押していただけると記事の作成意欲が湧きます◆

人気ブログランキングへ

Amazonのかわいいダンボール

Amazonから送られてくるダンボールは可愛い。

写真 2015-10-03 19 11 44

今回の記事は商品が送られてくるダンボールではなく、

出品(FBA)する時のダンボールのお話です。

ちなみに北海道弁でかわいいは「めんこい」って言うのは秘密です(笑)


FBAへ出品する際のダンボールの規格①

出品する際のダンボールの規格は輸送箱の要件として厳格に制限されています。

大きさ、重さの制限の種類は大まかに2種類!(2015年10月3日現在)

以下Amazonヘルプの抜粋です。

ダンボールの大きさが

50cm×60cm×高さ50cm以下の場合

重さ30kg以下

50cm×60cm×高さ50cm以上場合

重さ40g以下

この2点がダンボールの大きさと重さの規格になります。

そして!

15kgを超過している場合は、必ず天と側面に「重量超過」と明記する事も明示されております。

私達はA4の用紙で「重量超過」を5枚作れる表をExcelで作成保存してます。

ギリギリの時も念のために貼りつけて送ってます。

先手必勝。

少しの重量超過で出品物が戻って来たら損ですしね。


FBAへ出品する際のダンボールの規格②

大きさと重量がわかりましたらダンボールの形状NGです。

またまたAmazonの抜粋。

どちらもカスタムダンボールです。

①よく見るダンボールの接合。

箱1

Amazonへ出品、発送後に返送された人が一番多いパターンですね。

問答無用に戻されますね。

②大きいダンボールを小さくたたむのもダメとは。。。

箱2

何度かこういう事をして発送した気が・・・

Amazon倉庫で開封する担当者次第なのかな??

次から小さくたたまない様に心がけます。

③こんなのもダメです。

箱

到着時に破損しているダンボール。

輸送中、出品時。

わかりませんが破損してるように見られたらNGです。

hako

hako2

100%無理ですよね(笑)

そもそもこんな配送する人が、

「せどり成功するわけ無い」でしょ。

真面目に配送作業しましょうね。

スポンサーリンク


プチカスタムしてFBAに出品してみた。

それならどこまでがAmazonダンボール受け入れ許容範囲なのか?と

興味が出てきて、カスタムってどこまでOKなのか気になったので検証。

180サイズのダンボールに収まらない商品があったので検証しました。

180に収まらいって強烈(笑)

写真 2015-10-03 13 41 27

写真 2015-10-03 13 41 39

写真 2015-10-03 13 41 51

こんな感じで4cm位のカスタムダンボール作成~

カッターで切れ目いれて、綺麗に折り目をつけて、

ガムテープで切り目を目隠し。

そして上部

写真 2015-10-03 13 42 00

かさ上げした部分はダンボールが足りなくなるので、

裏当てにダンボールを敷いてガムテープで目隠し。

Amazonに受領されるか不安になりながらも発送しました。


Amazonに出品した結果は??

こんな感じになりました。

hako3

カスタムOK!

カスタムダンボールOK!

と言いますが、

今回はたまたまだったのかもしれませんので過信は禁物。

自己責任でお願いしますね。

もう少しカスタムダンボールを追求したいけど怖いよね。

機会があったら挑戦します!

はじめはFBAにするか自己出品にするか悩みますよね。

こちらを一度読んでいただければ悩みは解決するかも!?

せどり FBA?自己発送?【送料を節約して利益を伸ばそう】

出品時の送料が気になりませんか?

こちらで送料を削減するコツ書いてます。

はじめてのAmazon出品【意外に手軽に出品できる】Part1

はじめてのAmazon出品【意外に手軽に出品できる】Part2

Amazonのダンボールの規格【出品編】

を最後までお読みいただきありがとうございました。


スポンサーリンク

◆ブログランキングへ参加中です。よろしければポチッとお願いします。◆
↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

シェアはこちらからどうぞ

フォローはこちらからどうぞ